Jul 4, 2012

木質ペレット燃料


木質ペレット燃料とは
木質ペレット燃料とは、間伐材や森林づくりや木材加工の過程で発生する木くずを圧縮成型した小粒の燃料です。施設等のペレットボイラーや、家庭用のペレットストーブの燃料に使われています。

木質ペレット燃料 3つの特長
【1】森に優しい
間伐材や製材くず、端材など、これまであまり利用できなかった資源が原料になっています。つまり「育てて、使って、植える」という森林の循環を支えることができる、再生可能なエネルギーです。

【2】石油より優しい
ペレット燃料の燃焼時に発生する二酸化炭素は、木が成長する時に吸収する二酸化炭素と同量です。つまり石油などの化石燃料に比べ、環境に優しいエネルギーです。

【3】薪より手軽
薪に比べると、煙やススも少ない、取扱いやすいエネルギーです。安定的な継続確保がとても大変な薪に比べると入手・管理しやすいことも特長のひとつです。

※以前は浜松市天竜区龍山でも木質ペレット燃料を生産しておりましたが、残念ながら2019年に生産を終了しています。

浜松市ペレット燃料の流れ

 


Posted in 森のエネルギーで暖をとるComments Closed 

関連記事