放射性物質検査


浜松産木質ペレット燃料「てんりゅう」の放射性物質検査を行っております。

ペレット燃料「てんりゅう」燃焼前

○2012年2月時点・・・未検出(ペレットストーブのキビカ調べ)

○2012年9月時点・・・未検出(ペレットストーブのキビカ調べ)

 

ペレット燃料「てんりゅう」燃焼後の灰

○2012年9月末日・・・50Bq/kg(龍山森林組合調べ/2つの調査機関で調査)

 

参考
灰1kgが出るにはペレット燃料「てんりゅう」300kgから400kgを燃焼させる必要があります。300kgは、1時間あたり1.5kgの使用と考えても使用時間200時間を超える量です。
灰は口にするものではないこと、乳児用食品の基準値が50Bq/kgであること、以上を考えれば「てんりゅう」の使用は、特に問題ないとペレットストーブのキビカでは考えていますが、皆様それぞれの基準にてご判断ください。
ペレットストーブのキビカは、皆様が充分検討できるよう、今後もペレット燃料「てんりゅう」の放射性物質検査とその公表に努めて参ります。